我が家の出来事、行事    最上部が最新データー  
2020年の我が家の年中行事や季節の出来事等を綴ります。
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年2019
  
 2020/02/23 「大江の郷&中井窯」
 
 所用で鳥取方面に行った折、近頃有名な大江の郷ビレッジという「天美たまご」の美味しい所
に行きました。
しかし、連休中日だったので大変な人出で目当てのパンケーキは2時間待ちという込みようで
した。
こんな田舎の山と川、田んぼと畑、民家がぽつぽつくらいしか無い所に大勢のお客さんが来る
なんてすごい事です。
パンケーキは長時間待った甲斐あってふわふわしっとり、甘さも適度で美味でした。

ついでに、愛用していた久古焼きのコーヒカップを割ってしまったので有名な中居窯を尋ねて
みました。
こちらも超有名な窯元で注文を受けてから半年待ちだそうです。
マグカップ2個を注文しましたが何時出来るのでしょうか?
 
   
   
   
   
 2020/02/21 「元勤め先のOB会を当地で開催」
 
 毎年1回懇親会も含めて開催しているOB会の料理教室を我が地元の公民館で実施しました。
今回は「男性でも作れる簡単・豪華ランチ」と題してロケットストーブを使った調理を行いました。
新型コロナウィルスの影響などで男性3名、女性4名と少ない参加者でしたが普段は見られない
物を使った料理教室になり皆さん興味津々でした。
ホタテ釜飯、豆腐の挟み焼き、ベーコンと白菜のミルクみそ汁、いちご等のデザートの献立でし
た。

風が強くてロケットストーブでの釜飯の焚き具合が悪くて少し時間がかかりましたが、皆さんで
美味しく食べて近況報告や懐かしい想い出に花が咲きました。
 
   
   
2020/02/18 「久しぶりの朝方の雪」
 サンライズも久しぶりに顔面に雪を貼り付けて下ってきました。
 
2020/02/09 「満月の夜」  
 雪の少ない年ですから雪景色もなんとなくつまらない感じです。
家の前の踏切の街灯がLEDランプに替ってやけに明るくなりました。
鳥取県は星取り県と言う別名があるし、本町は星空が美しく輝いて見えるように星空条例が制定されています。
この街灯や駅の照明はそれを無視しています。残念ですが条例が出来る前に設置されていたため仕方がないようです。
この夜は満月で美しい夜でした。
   
   
2020/02/07 「ワークマンに無かったので作ってみました」
最近ワークマンには色々な作業着があるとの事で火の粉が飛んできても穴が空かない作業服やエプロンは無いかと買物に行きましたがアノラック風の防寒着は有るけどエプロンはありませんでした。ならば作るかと・・・。
数年前に買っていた牛革を前掛けに仕立てました。いや、仕立ての途中かな?まだ、腰ひもとポケットが付いていません。
現役時代のカバンの肩掛けベルトを外してリユース。
最初、外したリベットの穴が見えない方が良いかもと首掛けベルトは内側に縫い付けましたが連れ合いが見えた方がかっこ良いとの助言で左は外側から縫い付けました。その為右側はアクセントに飾りを付けました。
これでピザやパン焼きやの窯焚きの時、弾けた火の粉が飛んでも安心です。
 
   
   
2020/02/04  「ロックシュガースティック付き」
 近所からマレーシアへ嫁いだ知人からお土産に戴きました。
普段はこういう形の砂糖入りは飲まないのですがとても良い香りと程よい甘味で美味しかったです。
解けたシュガースティックも捨てがたく何かに使えないかな?
逆さにして撹拌棒にしますか? 
2020/02/03  「規格外卵を戴きました」
 近所の方から規格外のデカい卵をたくさん戴きました。普通より倍以上あります。
さて中身は?
双子です。これは有精卵ですので 温めれば双子のヒヨコが生まれるのでしょうが上手く育たないかもしれないので食用になります。
有り難い事です。おかげで精力が付きます。
 
   
2020/02/02  「薪アート第三弾”ドラえもん”完成」
  青色のスプレーでお化粧をして完成しました。やはりこうでないとドラえもんらしくないですね。
今年からアンパンマンと仲良く並んで名所になるよう頑張ります。 
毎年、1個づつ作っています。
JR伯備線の下り電車右側車窓(谷田トンネルを抜けて上石見駅に入る手前)からも見えるようにしています。
来年は何にしようかな?
   
 

2020/01/27 「使えるものは最後まで使う」

 数年前まで活躍していた時計型ブリキ製ストーブは底に穴が空いたのでお役御免となっていました。
捨てようと納屋から出してきましたがもう一役活躍してもらう事にしました。
ストーブ内に断熱煉瓦を入れて外での焚き火用で使います。

 パソコンチェアーのガスが抜けて下がりっぱなしになり新しく椅子を買ったけど肘掛がないのでリラックスできません。
やっぱり修理しようと調べましたがシリンダー交換には高額の部品代がいるようです。
諦めて自分で仮修理しました。
Netでは「割りばしを使用して・・・」と有りましたが、薪用のヒノキの端を割いてガムテープで巻きました。
当分は大丈夫でしょう。  
   
 
   
 
   
2020/01/23 「薪アート第3弾:ドラえもん」
  

今日は薪アート第3弾作りです。
ビニールハウス用の19mm鉄管をリユースして外枠を作りました。枠内に割った薪を積んで行きながらアニメキャラクターを表現したいと思います。
さて、どんな図柄になるでしょうか?
一年前作った第二弾はアンパンマンでした。

この薪は大雪や大雨、大地震等の災害で電気・ガス等が長期に止まった時の備蓄用として保存するものです。
その為、もしもの時に使用するまでは薪アートとして観ていただけます。

我が日南町は森林が90%近くの面積を占めていますが薪を燃料等に使う家庭は少なくなってきました。
もしもの災害時には煮炊き、暖房に使う燃料が無く、支援に頼らざるを得ない状況になりつつあります。
こういう遊び的活動を通じて皆が意識的に行動すれば支援に頼ることなく自活出来ます。
薪が有るという事だけでゆとりも生まれます。
薪の備蓄のある町という特徴もアピール出来ます。
皆さんもやってみませんか?

   
 
   
   
2020年 1月11日(土)  「薪ストーブも掃除」
 
天気良過ぎます。じっとして居られないので薪ストーブの掃除、椎茸榾木の手入れ等‥。
ネズミの仕業でしょうかね。
飾り物用として乾燥させていた麦の穂が全て食い切られてストローだけになっていました。
お昼は納屋で焼き餅入りのカップ麺と焼き芋で済ませました。 
   
   
   
2020年 1月4日(土)  「初釜コーヒー」 
  お正月三が日の間、朝から晩までアルコール漬けになっていたので今朝は手曳きでコーヒーを入れて見ました。
 ”倉本聡さんの富良野三部作の一つ「優しい時間」の中で「森の時計」と言う喫茶店でお客にミルを渡してコーヒー豆を挽かせて味わうという店の設定がありました。
ゆっくりと流れる時の中で何でもない会話と
 漂うコーヒーの香りが感じられる良いドラマでした。”
そのような優しい時間を大切にしながら今年を過ごしたいなぁ~とちょっと渋いコーヒーを飲みながら瞑想。

コーヒーが大好きという程ではないのですが毎日3杯は飲んでいます。やはり飲むとほっとしてリラックスできます。
普段はネスレのバリスタなので、曳いて入れると香りも高く一味違いますね。

   
   
   
2020年 子の歳 元旦 「ご挨拶」

新年 明けましておめでとうございます 

  昨年は不甲斐ないHP運営でご期待に沿えるUPが出来なこった事を深くお詫び申し上げます。
これに懲りずに今年もよろしくお願い申し上げます。

2019年を振り返って
○正月はピザで幕開け
○2月は二度目のNZ旅行へ
○4月は鳥取ロングトレイル歩き
○5月は孫達と鬼の舌震いへ
○6月は絵画教室
○8月はスイカのフルーツポンチ
○10月は島根県立美術館へ
○11月は広島に住む孫の七五三
○11月は東郷湖一周ウォーク
その他腰を痛めて歩けなかったり等など多忙な一年でした。

今年も楽しむぞ!!