悠々旅行記    
世界文化遺産を訪ねて”イタリアの旅 ”   悠々旅行記top
ヴェネツィア編
ヴェネツィアへ
 本土側のメストレ地区のドゥカーレホテルに泊まり翌朝リベルタ橋を渡り水上都市であるヴェネツィア本島に入った。
ヴェネツィアは海の底に沈む??前に一度は見ておきたかった街なのだ。
ドゥカーレ宮、サンマルコ寺院
ヴァポレット(水上バス)でドゥカーレ宮殿前の波止場に着いた。
ゴシック様式で建てられたドゥカーレ宮殿は撮影禁止のため画像が無いのが残念だ。
さすがにベニスの商人達が作った宮殿だけあってすっきりした外観に比べ、内部の装飾は豪華絢爛である。ベルサイユ宮殿を思い出すようだった。また、嘆きの橋を渡り牢獄だった所を見学したが暗く辛そうな部屋が並んでいた。サン・マルコ寺院は少し浸水しており見学者のために足場が出されていた。
ガラス工房を見学後、30分ほどのゴンドラ遊覧。アドリア海に浮かぶ都市の如く本当に水の上に建物が建てられたようだ。
イカ墨パスタとイカリングのフライの昼食を取った後自由行動、リアルト橋まで散策後サンマルコ広場で再集合。96mの高さを誇る鐘楼はヴェネツィアの象徴だ。水上から眺めても大きな教会がたくさんあるものだ。
フィレンツェへ
ヴェネツィアからフィレンツェまで約3時間半、今夜から2泊はフィレンツェ近郊のスキャンディッチ地区のフローレンス・レジデンス&ビジネスホテルだ。高速道路沿いの何も無い所なので夕食もホテルのレストランだ。まあ、新しいホテルなのがせめてもの・・・と言うところかな。